2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

リンチ症候群の患者と家族

1 :がんと闘う名無しさん:2015/11/12(木) 22:22:49.45 ID:xHEQ4+J6.net
リンチ症候群の人とその家族の人、語り合いましょう。

 遺伝性大腸がんのひとつである、リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス性大腸がん:Hereditary Non-Polyposis Colorectal Cancer:HNPCC)は大腸がんや子宮内膜、卵巣、胃、小腸、肝胆道系、腎盂・尿管がんなどの発症リスクが高まる疾患です。
http://jsft.umin.jp/hp/msihnpcc.html

2 :がんと闘う名無しさん:2015/11/12(木) 22:23:48.32 ID:xHEQ4+J6.net
リンチ症候群(HNPCC)の原因は、生殖細胞系列でのミスマッチ修復遺伝子(MSH2・MLH1・MSH6・PMS1・PMS2)の変異です。リンチ症候群(HNPCC)は常染色体優性遺伝形式を示し、性別に関係なく、子供に50%の確率で遺伝します。

3 :がんと闘う名無しさん:2015/11/12(木) 22:25:26.16 ID:rXKOvFeM.net
50%の確率で遺伝って、かなりショックだった
遺伝していてもがんを発症しないことももちろんあるそうだけど

4 :がんと闘う名無しさん:2015/11/15(日) 12:53:20.95 ID:DCM7mh8T.net
リンチ症候群でも、こまめに検査していれば70代まで生きられることもあるんだな

5 :がんと闘う名無しさん:2015/11/16(月) 23:00:23.02 ID:kd427lua.net
私の家系は、私に遺伝させた人間Aが
アラフォーで関連がんをやって以後4度の重複がんと多発がんをやりながらも
のうのうと生きてるんですけど、
無責任にもリンチ症候群のリの字も教えずに実子を育ててきました。
そうされた結果私は、転移を含めて3臓器と腹膜を蝕むがんを
アラサーの若さで診断されました。
なぜAは、自分の一方の親と兄弟姉妹がアラサーで死んでいる原因を
私の手術付き添い時まで説明してくれなかったのか、、、
腹が立ってしかたありませんね。
術後の遺伝子検査で、Aの同席を指示されたので、しぶしぶ同席して
以後はただの1度も顔を合わせていません。
ばかで無責任なAを、一生許すことはありません。

6 :がんと闘う名無しさん:2015/11/18(水) 02:37:32.00 ID:Q+eh5Gzx.net
とってもよくわかるよ…
お大事にしてください

7 :がんと闘う名無しさん:2015/11/18(水) 02:39:24.46 ID:Q+eh5Gzx.net
うちもアラサーでがんになり、遺伝元の人、なんでちゃんと自分の子供に教えなかったのか
リンチとはわからなくても、がん家系だから若いうちから検査を受けた方がいいとか
どうしてちゃんと言っておいてくれなかったのかと思ったよ

遺伝元本人もがんになった時点で自分のことで頭がいっぱいとかあるんだろうけど
あと自分がそういうがん体質だと信じたくなくて目をそらしているとかもあるのかもね
言うタイミングで悩むとかもあるのかもしれない(あまり幼いうちに言うと人生悲観しそうだし)
でも二十歳過ぎたら言ってもらった方がいいよね、検査も20代から必要だし…

8 :がんと闘う名無しさん:2015/11/21(土) 04:04:39.02 ID:4v2QKiOZ.net
免疫チェックポイント阻害薬は大腸がんにはほとんど効かないけど、リンチ症候群の人には効くというのをNHKで見ました
>>5さん、なんとかこの薬を使うことができないでしょうか
治験とかも探せばやってるかもしれない

9 :がんと闘う名無しさん:2015/11/22(日) 14:04:39.04 ID:fzv/ZBQR.net
免疫チェックポイント阻害薬、かなり進行していたリンチの人に効いたんだっけね
>>5さんの状況が少しでも良くなるとよいね

10 :がんと闘う名無しさん:2016/01/20(水) 13:27:24.98 ID:Wzy32apq.net
ふ〜
再発も他臓器転移も1回もないのに
数年おきに癌が顔を出して手術手術
もう疲れた
おなかの見た目アンドロイドみたいでやばい
遺伝子検査でLSが確定したがん患者に
積極的安楽死を認めてほしい!

11 :がんと闘う名無しさん:2016/01/24(日) 10:24:59.95 ID:Qc5aI7o5.net
>遺伝させた人間A

>遺伝元の人

親などと表現したくない気持ちはよく解るな

子どもが可能な限り健康を保ち命を長らえる事は
自らが行った性交で子を授かった人類なら
誰かに促されなくても自然にわいてくる望みだもんな

そういう望みが一切わいてこなかった頭のおかしい物が
自分の母の配偶者として存在してしまった事が本当に残念

死に直結する疾患の源を拒否権も与えず遺伝させた我が子と
知らんふりを決め込んで長年生活を共にできた神経が恐ろしいわ
適切な表現は「悪魔」これだな

12 :がんと闘う名無しさん:2016/04/02(土) 06:05:07.76 ID:kZDsSIpf.net
まじめに休まず頑張っても、みんなの半分ぐらいのところで死神に捕らえられて終了する、ばかげたフルマラソンに強制参加させられている。
不妊と思われたくなくて子造りに手を染めやがったんだろうな、クソババアの骨だけうちの墓からつまみ出して、ゴミとして処理してやりたいよ。

13 :がんと闘う名無しさん:2016/05/03(火) 01:21:05.19 ID:UoG812wf.net
☆ 日本の核武装は早急に必須です。☆
総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。
日本国民の皆様方、2016年7月の『第24回 参議院選挙』で、日本人の悲願である
改憲の成就が決まります。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。お願い致します。

14 :がんと闘う名無しさん:2016/08/16(火) 08:36:05.75 ID:nATZjXFz.net
会社復帰はパート勤務からっていうことになったけど
おばちゃんばっかりの部署に回されちゃって
弱く設定されてるエアコンが苦しすぎる(TдT)

結腸の開腹+片肺と肝の開胸の痕とドレインの点々が
汗の成分が肌に乗った状態だとチクチク痛がゆく集中できない

こまめにウエットシートでゴシゴシやってしのいでるけど
この作業ってトップスをたくし上げないと無理だから
数十分に1回はトイレへ隠れに行くの繰り返し(TдT)

なにがいけなくて自己中バカな親のもとに造られてしまったのかな
本当にやるせない悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい

15 :がんと闘う名無しさん:2016/08/16(火) 08:56:40.51 ID:nATZjXFz.net
標準的な死亡年齢とはかけ離れた短い人生を
癌で終えた人が半分以上も出てた家系なのに、
娘・息子にそれら故人の病歴を明かさなかった残酷バカは
死刑に処されるのがいいんじゃないかな

執行官に任せずぜひ被害者にボタン操作させてほしいね

16 :がんと闘う名無しさん:2016/08/18(木) 12:55:41.99 ID:6DHMRBLB.net
革新的な凄い治療が出てきたからあきらめないで

光治療

制御性T細胞をブロックしたら癌(がん)消滅 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/cancer/1471488320/

17 :がんと闘う名無しさん:2016/08/19(金) 00:46:56.35 ID:tziJVadh.net
リンチはあやゆる癌になりやすいと思いますが、みなさんはどの部位に発病しましたか?わたしは子宮と卵巣です。

18 :がんと闘う名無しさん:2016/08/20(土) 14:10:16.42 ID:erk62v64.net
体がんと大腸がんが同時発覚でどっちも切れましたが、今回また大腸がなっちゃいました
これからもどんどん短くなるかも、、、遺体になる頃は直腸も残せてないかも??親がそうで
膀胱(寛解してたらしい)も、腎の片方(化学療法奏功しなかった記録あり)もやられてぼろぼろだったみたい
いとこは膵だけ(20代前半没のおかげで他の臓器未発病だったと思う)ですが、LS関連癌に載ってなくて謎です

19 :がんと闘う名無しさん:2016/08/24(水) 03:28:50.75 ID:GESJ+1r5.net
がんばってください
先のことを考えると不安だよね
リンチでも70や80まで生きる人もいるからがんばろうと思う

20 :がんと闘う名無しさん:2017/03/08(水) 13:07:18.07 ID:lEme5sjO.net
ほっときゃ死ぬ病気をひとに遺伝させてだまってたチンコ付き粗大ゴミが早く死にますように

21 :がんと闘う名無しさん:2017/03/09(木) 00:29:12.78 ID:b9haMq4I.net
Aspirin 'cuts cancer risk in half'
Friday 28th October 2011
Regularly consuming aspirin could cut the risk of developing hereditary cancer in
half, a study has suggested.

アスピリンを定期的に摂取することで遺伝性がんの発症リスクを半減させることができるか
もしれない、そんな研究が提起されています。

Research at Queen's University Belfast revealed that regularly consuming aspirin
reduced the incidence of hereditary cancer.

クイーンズ大学ベルファストの研究が、定期的にアスピリンを摂取すると遺伝性がんの発症
率を低下させると明らかにしました。

The research focused on people with Lynch syndrome, which is an inherited genetic
disorder that causes cancer by affecting genes responsible for detecting and
repairing damage in DNA.

この研究はリンチ症候群の人々にフォーカスしていますが、リンチ症候群はDNAのダメージ
を見つけ出して修復する遺伝子を欠損することで癌を引き起こす遺伝性疾患です。

According to the researchers, around half of those with Lynch syndrome develop
cancer, most commonly in the bowel and womb. The study took into account all
cancers related to the syndrome, and found that almost 30 per cent of those not
taking aspirin had developed a cancer.

研究者によれば、リンチ症候群の人達のおよそ半数が、通常、腸や子宮に癌を発症します。
研究ではリンチ症候群に関連するすべての癌を考慮していますが、アスピリンを服用しなか
ったリンチ症候群の人々の約30%が癌になったことが判明しました。

This compared to just 15 per cent in the aspirin group who developed a cancer
related to the syndrome.

これに比べて、リンチ症候群関連の癌を発症したアスピリン服用グループは15%だけでした。


Those who had taken the drug still developed the same number of polyps as the
other group. Polyps are believed to be the precursors of cancer. These results
suggest that aspirin could possibly cause these cells to destruct before they
turn cancerous.

さらにアスピリンを摂取していた人達は摂取してない人達とたちと同程度ポリープを患って
いました。 ポリープは癌の前駆体であると考えられています。これらの結果から、おそら
くアスピリンがこれらの細胞が癌化する前にアポトーシスを引き起こしているのだろうと示
唆しています。

22 :がんと闘う名無しさん:2017/03/09(木) 00:29:37.83 ID:b9haMq4I.net
Professor Patrick Morrison from Queen's University in Belfast, who led the
Northern Ireland part of the study, said that the study results proved that
taking aspirin regularly over a prolonged period of time halves the risk of
developing heredity cancers.

ベルファストのクイーンズ大学出身のパトリック・モリソン教授(その研究の北アイルラン
ド地域を率いている)は、研究結果によってアスピリンを長期にわたって定期的に服用する
ことで遺伝性癌の罹患リスクを半減することが実証された―と述べました。

"For those who have a history of hereditary cancers in their family, like bowel
and womb cancers, this will be welcome news. Not only does it show we can reduce
cancer rates and ultimately deaths, it opens up other avenues for further cancer
prevention research," he said.

「腸癌や子宮ガンのような家族性腫瘍の病歴を持つ人たちにとって、これは歓迎すべきニ
ュースとなるでしょう。癌の罹患率や最終的な死亡率を低下させることができるだけでなく、
将来の癌の予防研究にとってもう一つの成功の道を開拓します。」と彼は述べました。

This follows a study from the Wake Forest Baptise Medical Center which revealed
that older patients could benefit from bedside assessments.

これは、Wake Forest Baptise Medical Centerの調査によれば、高齢の患者はベッドサイド
の評価から恩恵を受ける可能性があることが明らかになりました。

Scientists developed a simple assessment tool to determine how well older adults
with acute myelogenous leukemia can handle their treatment.

科学者は、急性骨髄性白血病の高齢者がどれだけうまく治療できるかを判断するための簡単
な評価ツールを開発しました。

Written by Megan Smith

23 :がんと闘う名無しさん:2017/03/09(木) 00:31:14.51 ID:b9haMq4I.net
【最強癌予防】アスピリンスレッド【脳卒中予防】 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/cancer/1450430065/

24 :がんと闘う名無しさん:2017/03/21(火) 23:07:48.06 ID:3qbud9Ii.net
ベッドサイドの評価× → 臨床評価

25 :がんと闘う名無しさん:2017/04/09(日) 13:54:57.09 ID:GjDB6me5.net
早く研究が進んで発症を防ぐ対策がとれるようになるといいね

26 :がんと闘う名無しさん:2017/07/01(土) 12:05:59.89 ID:JeSFsuUe.net
▼ペムブロリズマブが米国でMSI-HまたはdMMRの固形癌対象に迅速承認を獲得

2017/5/24 横山勇生
 米国食品医薬品局(FDA)は5月23日、抗PD-1抗体ペムブロリズマブについて、マイクロサ
テライト不安定性が高い(MSI-H)またはミスマッチ修復機構の欠損(deficient mismatch
repair: dMMR)の固形癌を対象に迅速承認を行ったと発表した。腫瘍の原発部位ではなく、
共通のバイオマーカーで薬剤が承認されたのは初めてになる。5%程度と言われるMSI-H大腸
癌などへの使用が米国では可能になる。

 MSI-HまたはdMMRの固形癌患者は、細胞内のDNA修復系が不十分となるため遺伝子変異数が
多くなり、それに伴いneoantigen数が多いためPD-1阻害薬が有効である可能性が高いと考え
られている。MSI-HまたはdMMRの固形癌は大腸癌、子宮内膜癌、胃腸系の癌に多く、乳癌、
前立腺癌、膀胱癌、甲状腺癌には少ないとされている。

 MSI-HまたはdMMRの固形癌患者に対するペムブロリズマブの有効性と安全性は、5件の単群
臨床試験で確認されている。これらの試験にはMSI-HまたはdMMRの癌のみを対象にしたもの、
投与開始後の検査で同定したサブグループのものが含まれている。MSI-HまたはdMMRの患者
149人(15癌種)が同定され、多くは大腸癌、子宮内膜癌、胃腸系の癌だった。FDAの承認は
奏効率と効果の持続性に基づいて行われた。149人全体での奏効率は39.6%で、奏効した患
者のうち78%は6カ月以上効果が持続した。

 MSDは日本におけるMSI-HまたはdMMRの固形癌へのペムブロリズマブの適応拡大については
答えられないとしている。

27 :がんと闘う名無しさん:2017/07/04(火) 20:55:08.06 ID:Wd3+1AFZ.net
> 免疫チェックポイント阻害剤のペムブロリズマブ(遺伝子組み換え)製剤
> (製品名:キイトルーダ点滴静注20mg、同100mg)について、
> 重大な副作用として劇症1型糖尿病が発症することがある

> 劇症1型糖尿病は、1週間前後以内にケトアシドーシスに陥るなど、
> 急激に重症化して死亡する可能性も

28 :がんと闘う名無しさん:2017/11/19(日) 20:12:09.60 ID:IqIRKJyw.net
とほほ
3回目の新発がんきちゃった
もうこのがんでタヒんで終わりにして解放されたいけど頑張れ頑張れいわれる
つらたん

29 :がんと闘う名無しさん:2017/11/22(水) 19:37:41.04 ID:EeyfqAuG.net
私なんか一度に三重癌が来た。
強烈だわ。
でも手術も入院も一度に済んで楽だったのかな?
よくわからんw

30 :がんと闘う名無しさん:2017/11/25(土) 09:08:50.20 ID:cIRRmUnT.net
どの部位の癌でしたか?
もしよかったら教えてください。

31 :がんと闘う名無しさん:2017/11/26(日) 22:44:22.00 ID:uVDQz5rH.net
子宮、卵巣、大腸 ついでに腹膜にもあった。
それぞれが組織型が異なるので転移ではないんだって。
でも四重癌じゃなくて三重癌と診断されてた。

32 :がんと闘う名無しさん:2017/11/28(火) 03:35:48.76 ID:NVjSOC9l.net
どくやな きけん つこたら 死ぬで

National Comprehensive Cancer Network, Inc 腫瘍学臨床診療ガイドライン
結腸癌(2016年 第2版)
http://www.tri-kobe.org/nccn/guideline/colorectal/japanese/colon.pdf
"MSI-Hの腫瘍を有する患者では、術後の5-FUから統計学的に有意な利益が得られず、逆に手術のみを受けた患者より5年生存率が低いことが示された。"

33 :がんと闘う名無しさん:2018/01/07(日) 14:10:41.32 ID:4rVDRQJ6.net
死に至る遺伝疾患ホルダーの安楽死の認可はよ

34 :がんと闘う名無しさん:2018/01/07(日) 16:39:08.11 ID:ju4wTRyM.net
リンチは多発する割に大人しいから平均寿命をまっとうする人多いでしょ。
少なくともうちの家系は平均寿命くらいはクリアしてる。

35 :がんと闘う名無しさん:2018/01/07(日) 17:33:45.34 ID:4rVDRQJ6.net
うちのLSで死んだほうの親の家系で癌罹患者を見ると
40歳をクリアできた個体:できんかった個体=2:7

36 :がんと闘う名無しさん:2018/01/07(日) 19:13:18.83 ID:ju4wTRyM.net
え?
そっか、うちはMSH6だから少し様子が違うのかも?
まあ発見が早かったのもけっこういるし
リンチと判ったら検診を小まめにうけて早期発見に努めれば
平均寿命をまっとうできるんじゃないかな?

37 :がんと闘う名無しさん:2018/01/08(月) 00:24:29.25 ID:o/9fdgkK.net
生殖器あたりで終わればラッキーだろうけど
我が家の歴みたら膵に出やすいshiftタイプと考えられる
色々ダメポ

38 :がんと闘う名無しさん:2018/02/13(火) 21:18:28.93 ID:nergbrvU.net
このような会がいろんな地方にあったらいいのですが(´・ω・`)

岩国医療センター(山口県)の教室・サロン リンチ症候群 患者家族会「ひまわりの会」
ttps://www.iwakuni-nh.go.jp/salon/2015-06-03-04-17-49.html
(引用)
概要

リンチ症候群患者家族会『ひまわりの会』は、これまでひとりで闘病を続けてこられた「リンチ症候群」の患者さんが、
“治療を行っていく上で感じた孤独感や不安感を同じ「リンチ症候群」の患者や家族同士で支え合っていきたい”
と訴えられたことをきっかけに、2014年11月28日に発足しました。
「リンチ症候群」についての正しい知識を共有すること、さまざまな悩みを支え合うことがこの会の主な目的です。
6ヶ月に1回、定期的な集まりを行っています。

『ひまわりの会』の趣旨について

リンチ症候群って何?ガンになりやすい遺伝子って何?
ガンと告知されただけでも孤独感や不安感に襲われるなか、治療を終えても続く今後の再発や転移に対する不安や恐怖。
いつ発病するか?わからない不安のなか続く検査の苦痛。
それらを理解し合い、一人ひとりの心の悩みを共有することで、今後の望みに繋げていけるように支え合うことが目的です。
(引用終わり)

私のところは首都圏ですが、がんサロンや哲学外来などへ行ってもLSのかたって全くいらっしゃらないです( ´д`)

39 :がんと闘う名無しさん:2018/04/30(月) 06:14:38.66 ID:a2yW7KYt.net
誰でもできる確実稼げるガイダンス
念のためにのせておきます
グーグルで検索するといいかも『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

WO08U

40 :がんと闘う名無しさん:2018/05/07(月) 20:54:30.97 ID:FJvURuv5.net
>>32のデータは本当なんですね・・・なにげにショック
5FU組み合わせたアジュバントを鬼推しされてた患者がここにいます苦笑
これって主治医さんにモルモット認定されちゃったってことでしょうか
「どうせこいつも時間的リミット近いだろ〜投薬した場合のデータ集積に一役買ってもらうか」と・・・
なおお断りしたのが効を奏したか検証はむりですが一応まだ幽霊にはなってません笑
ネットや端末を苦なく使える程度にはQOL保ってますが・・・医師不信に陥りそうです

41 :がんと闘う名無しさん:2018/06/21(木) 01:35:07.53 ID:EeHKHNYs.net
癌を誰でも改善できる方法は、「草座ガンボの癌改善マニュアル」というブログで見られるらしいよ。ネットで調べると見られるらしいです。

QX8O4

42 :がんと闘う名無しさん:2018/07/11(水) 10:18:00.54 ID:jaItht37.net
四十路の大台がちょっと見えてきました(´∇`)うれしいな
早く死んでおいた方が合理的だなあって気持ちもないといえば嘘になりますが(;^^)
先生方や周りのプッシュに沿ってがんの出る度がんばってみてもいいと思います(・∀・)

43 :がんと闘う名無しさん:2018/07/18(水) 06:58:37.25 ID:SKA4iKRf.net
うちの親族、リンチでも平均寿命近くまで生きてる
がん三回やってたりするけど
確かに、なりやすいけど、普通のがんより転移はしにくいんだろうか
三回やって一度も転移していたことがない
リンチの中のタイプにもよるのかな
まあ、手術は大変だから何回もやりたくないけどね

44 :がんと闘う名無しさん:2018/07/18(水) 09:36:52.89 ID:hPbqWPu2.net
初回はWで転移臓器の痛みでの発見でしたが
後は定間隔で検査してきましたので次のはTのうちに摘み取れる予定(笑)

保因者でも投与を続ければ癌が回避できる医薬品のある疾患に1日も早くなってほしいですね
えらいひとでもえろいひとでもいいので開発よろしくお願い致します(-人-)

45 :がんと闘う名無しさん:2019/02/20(水) 03:47:14.27 ID:UzFimdpp.net
キイトルーダはLS原因の子宮がん大腸がんのケモでファーストチョイスとしてはもらえないのね
身内で1人も効かなかった5-fuやPt投薬させられ、何か月かを浪費してからデータ採って
はいやっぱり増悪wって、効果出ないことを改めて確認させられてからじゃないと
キイトルーダ治療に辿り着かないなんて、ばからしくて治療やらず早く死んだほうがいいや
副作用ダメージを無駄に蓄積させられ損だもんね

46 :がんと闘う名無しさん:2019/02/20(水) 08:42:03.71 ID:GUo+jSub.net
ほかの抗がん剤より効くエビデンスがあれば1stに入るよ。
要はエビがないのよ。

47 :がんと闘う名無しさん:2019/05/03(金) 20:28:58.37 ID:PZSzu0J9.net
スレを立てられた方や皆さんはご健在なんでしょうか…
私の翌年に診断された同い年のいとこが先週に闘病を終えましたが
自分の遠くない未来の姿を彼女の亡き骸に見てとてもむなしくなりました

それぞれの親や祖父母たちがLSの話をわりと必死に逸らそうとしてて
かれら自身の精神衛生のためであると見え透いてることにだんだん腹が立ってきて
いたたまれなさに早々に離脱してきてしまいました

30代病死が続くという見逃すはずない異変をスルーして子を授かろうとした現実がきもく
他人に絶対に迷惑をかけるなとの幼少期からの教えもしらじらしく思えます
尊敬する人物に親を挙げれる方々がとてもとても羨ましい…

48 :がんと闘う名無しさん:2019/05/24(金) 08:21:51.45 ID:7DfFsYg1.net
ワクチンはリンチ症候群患者での大腸がん発生を予防できるか
2019年5月14日
発信元:米国国立がん研究所(NCI)ブログ〜がん研究の動向〜

https://www.cancerit.jp/62602.html

研究者らは、リンチ症候群(大腸がん、子宮内膜がんなどのがんの発生リスクを高める遺伝性疾患)を有する人々での
発がんを予防するワクチンの開発へ第一歩を踏み出した。

リンチ症候群マウスにおいて、がん予防ワクチンが、ワクチンを使用しなかった場合と比較して、大腸がん腫瘍の増殖を抑制し、
生存期間を延長したというがん予防ワクチン試験(米国国立がん研究所[NCI]による資金提供)の結果が、
ワイル・コーネル医科大学Steven Lipkin医学博士らにより、過日行われた集会で報告された。

アトランタで開催された米国がん学会年次総会の4月1日の記者会見でLipkin博士は、
このアプローチは単純なので、ヒトへのワクチン実用化の可能性は十分あると述べた。

遺伝子検査の費用が低下し、遺伝性がん症候群の検査を受ける人が増えるにつれ、
リンチ症候群はこれまで考えられていたよりも患者数が多いことがわかってきている。
現在、280人のアメリカ人に1人、約110万人がリンチ症候群に罹患していると推定される。

現在、リンチ症候群患者のがんを予防する方法としては、前がん状態や早期のがんを検出するための頻回のがん検診、
大腸がん予防のための低用量アスピリン、およびリスク低減手術がある。

がん予防ワクチンという方法により、より効率的に発がんを抑制できるようになるかもしれない。

「がんの治癒は聖なる杯です。しかしさらに聖なるは予防です」
とがん免疫学専門家Louis M. Weiner医師(ジョージタウン大学ロンバルディ総合がんセンター所長)が記者会見で述べた。

49 :がんと闘う名無しさん:2019/05/24(金) 08:22:58.34 ID:7DfFsYg1.net
リンチ症候群における共通の変異

リンチ症候群は、細胞分裂時に生じるDNAエラーの修復を妨げる、ミスマッチ修復欠損と呼ばれる欠陥をもった
遺伝性の遺伝子変異が原因で起こる。

「例えるなら、DNAのスペルチェック機能が欠落しているようなものです」
と、米国国立がん研究所がん予防部門(DCP)のAsad Umar獣医学博士は述べた。
この防御機能が働かないと、細胞内でDNAエラーが蓄積し、さまざまながんを引き起こしてしまう。

特にDNAミスマッチエラーを起こしやすいものとして、マイクロサテライトという短いDNA断片の繰り返しがある。
ミスマッチ修復機能欠損のある腫瘍は、これらのマイクロサテライトに変異の蓄積をきたす(マイクロサテライト不安定性)。

マイクロサテライト不安定性にも、望みを持つことはできる。
それは、もともと体内に存在しないネオアンチゲンと呼ばれる新規タンパク質が作り出される潜在的可能性である。
ネオアンチゲンが免疫システムを発動し、これらの新規タンパク質を産生する細胞に攻撃を開始する。

さらに、リンチ症候群患者に発生する腫瘍は、マイクロサテライトに共通した変異がみられることが多い。
例えば、ミスマッチ修復機能欠損のある大腸がん患者の60%〜80%でTGFBR2遺伝子に特定のマイクロサテライト変異が生じる。

近年得られたデータによると、マイクロサテライト不安定性の高いがんを有する患者の一部で、
こうしたいくつかの共通のネオアンチゲンに対する免疫反応が引き起こされるという科学的根拠が認められる。

リンチ症候群患者に共通の腫瘍ネオアンチゲンがあるということは、
「1種類のワクチンを開発すると、何百万という人々に効果を発揮するワクチンができる可能性があるということです」
とWeiner博士は述べた。

さらに、
「これまでのがんワクチン開発では、正常より高い発現量でがん細胞に認められるタンパク質が利用されていたが、
こうしたタンパク質は正常細胞によっても産生されるため、意図しない副作用の懸念がありました」

「ネオアンチゲンを利用したワクチンではこのような問題はありません」
と同博士は述べた。

50 :がんと闘う名無しさん:2019/05/24(金) 08:23:49.50 ID:7DfFsYg1.net
がんワクチンの開発と最適化

2011年、ドイツ、ハイデルベルグのドイツがん研究センター(DKFZ)の研究者らは、
マイクロサテライト不安定性の高い進行大腸がん患者を対象に、あるネオアンチゲンワクチンの臨床試験を開始した。

米国国立がん研究所がん予防部門による、がん予防のための非臨床医薬品開発プログラム(以下、PREVENT)は、
民間部門で対応しきれないがん予防のアンメットニーズに取り組んでいる。
プログラムは、このワクチンが、リンチ症候群患者でのがんの発生を予防するのではないかと考えた。

Lipkin博士とドイツがん研究センターの研究者らは、共にPREVENTプログラムからの資金提供を受け、
マウスでのがん予防ワクチンの開発およびワクチンの有効性を高めるための治療法の研究を行った。

まず、リンチ症候群マウスで発現した32個の大腸腫瘍のDNAを調べ、13の共通する変異を特定した。

そして、共通する変異のどれがネオアンチゲンを作り出すのか予測するため、アルゴリズムを用いて候補の数を10に絞った。
このようにして絞られた10のネオアンチゲンをマウスに接種したところ、4つのネオアンチゲンが強い免疫反応を引き起こした。

これら4つのネオアンチゲンを組み合わせてマウスに投与するワクチンを作った。
ワクチンと免疫増強剤をリンチ症候群マウスに併用投与したところ、大腸腫瘍の発生が減少し生存期間が延長した。

「これは、DNAミスマッチ修復機構の欠損から作られたと予測されるネオアンチゲンを使用した、草分け的ながん免疫予防ワクチンです」
とUmar博士は述べた。

次に、ワクチンを他の治療と組み合わせることで有効性を高めることが可能かどうか検討した。

アスピリンとともに、鎮痛・抗炎症剤として一般的に用いられているナプロキセン(Naprosyn[ナプロシン])が、
がんを予防する可能性があることが、マウスを用いた研究で明らかにされた。
ナプロキセンがリンチ症候群患者での発がんを予防する可能性を検討する臨床試験が、
米国国立がん研究所の資金提供のもと、現在進行中である。

Lipkin’s博士の研究チームは、ナプロキセンは、アスピリンまたは対照治療よりも大腸がんの発生を抑える効果が高いことを、
マウスモデルで実証した。

また、ナプロキセンはワクチンの有効性を高める可能性があると考えられた。
ワクチンとナプロキセン併用投与群のマウスは、
ワクチン単剤投与群またはワクチンとアスピリン併用投与群のマウスよりも生存期間が長かった。
また、ワクチンとナプロキセン併用投与群のマウスでは、
ワクチン単剤投与群またはワクチンとアスピリン併用投与群のマウスよりもワクチンのネオアンチゲンを認識した免疫細胞の数が多かった。

51 :がんと闘う名無しさん:2019/05/24(金) 08:24:50.70 ID:7DfFsYg1.net
リンチ症候群の診断

がん予防ワクチンが臨床開発された場合、リンチ症候群の人が、がん予防ワクチン接種の対象者となるはずである。
しかし、自分がリンチ症候群と認知している人は、推計110万人のリンチ症候群患者のうち、5%に満たない。

現在のガイドラインでは、大腸がんと子宮体がんの患者に対して、マイクロサテライト不安定性検査が推奨されている。
マイクロサテライト不安定性検査の結果が陽性だった場合、リンチ症候群の検査が推奨されている。

他の専門組織は、大腸がんと子宮体がんと診断された患者全員に対して、リンチ症候群の検査を推奨している。
患者がリンチ症候群と診断された場合、一親等血縁者にもリンチ症候群検査が推奨されている。

リンチ症候群の遺伝子検査費用は、メディケアなどの保険が適用されることが多いが、
保険が適用されない場合の自己負担費用は、大手の遺伝子検査会社で249ドル以下程度だとLipkin博士は述べた。

しかしながら 、リンチ症候群の遺伝子検査を普及させるには、まだ多くの課題が残っていると専門家らは口をそろえる。


ワクチン実用化へ向かって

ヒトでのネオアンチゲンワクチンの実用化に向けた開発のため、
Lipkin博士らはリンチ症候群患者の早期大腸腫瘍に発現する共通のネオアンチゲンを特定しようとしている。
このプロジェクトは、がんムーンショットがん免疫療法橋渡しネットワーク(Cancer MoonshotSM Immuno-Oncology
Translational Network)を介し、米国国立がん研究所の資金提供を受けた。

がん予防ワクチンの臨床試験が前進した場合は、ワクチンの効果が判定されるまで数年を要するであろうと、Lipkin博士は述べた。

その間に、Lipkin博士のチームは、マウスモデルを用いて、
ワクチンの正確な作用機序およびがん細胞増殖過程で起こり得るワクチンに対する耐性獲得の機序について解明しようとしている。


原文
https://www.cancer.gov/news-events/cancer-currents-blog/2019/vaccine-prevents-colorectal-lynch-syndrome

28 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★