2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

なぜエヴァは成熟した大人にも楽しまれるのかpart15

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/02/12(日) 22:50:42.93 ID:???.net
ここは、なぜエヴァを楽しむ成熟した大人が増えたのか?
または、なぜ幼稚な大人はエヴァを楽しめないのか?について意見の交流を行うスレです。
深夜アニメばかり見て精神退行した自分はエヴァを楽しめなくなったと嘆いて傷を舐め合うもよし、
エヴァが楽しめてる自分はまともな大人なんだな、という希望にすがるもよし
「いや深夜アニメ見てる奴にも人気あんじゃん」と叩かない範囲内でツッコミ入れるもよし

なぜエヴァは成熟した大人にも楽しまれるのかpart14
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/eva/1471082148/

の次スレとなります

651 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/11(月) 17:53:47.82 ID:???.net
『メガゾーン23』

652 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 15:58:50.50 ID:???.net
由唯「!」
省吾「ごめん。驚いた?みたいだね。ぶつかんなくてよかったよ。急いでてさ。あ、これ」
由唯「自分で拾います!もう、無神経ね。ここは歩道よ。それに女の子のバッグの中見るなんてサイテーよ。
もうついてないわ。電車は止まるし、もう間に合わないわ」
省吾「悪かったな」
由唯「マナーも知らないのね。学生でしょう?タクシー」
省吾「ま、待てよ!」
由唯「原宿ピアザビル急いでください」
省吾「明治通りは渋滞だ。タクシーより歩いた方が早いよ。キディランドの前のビルだろ?乗れよ。俺なら1分だ。さあ、急いでんだろ」
由唯「強引ね」
省吾「いいからさ。
ねえ、名前は?」
由唯「えー!?」
省吾「名前!」
由唯「由唯よ!高中由唯!」
省吾「俺、矢作省吾!よろしく。ピアザビルで働いてんの?」
由唯「違うわ!バイトは、六本木よ!」
省吾「着いたぜ。間に合ったろ?」
由唯「とりあえずありがとう。でもひどい運転ね」
省吾「六本木のなんて店?」
由唯「ハードロックカフェよ」
省吾「知ってる。行った事あるよ。今度バイクでドライブ誘うからさ。TELも教えてよ。あ、待って。ねえ、教えてくれよ」
由唯「バイトは8時から。気を付けてね」
省吾「絶対行くから!」
由唯「408‐7018。お店の電話番号よ。バイバーイ」
省吾「んー!だあー!」

653 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 16:10:41.89 ID:???.net
由唯「おはようございます」
社員A「あ、おはよう。みんな制作4部のほうにいるよ」

654 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 16:17:52.71 ID:???.net
プロデューサー「やあ、おはよう」
由唯「おはようございます」
プロデューサー「今から青山スタジオへ行くから」

655 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 16:41:56.31 ID:???.net
モーリー(森浩樹)「後方2回転宙返りフィニッシュ決まりました!日本の矢作、得点は!?」
智美「10点!」
舞「10点!」
省吾「へへ、遅れちゃった」
舞「はーい」
智美「いつも元気してんね」
モーリー「今日はお前持ちだな」
省吾「まっかせなさーい。出た」
舞「うそー」
智美「私これで見たの2回目」
舞「何あれ」
省吾「イヴちゃん可愛いな」
モーリー「ああ、これ新曲だよ。このビデオ、俺AIR CHECKしてあるぜ」
省吾「おい、ダビングさせろよ」
モーリー「べーだ」
省吾「きったねーな、このやろ。ダビングさせろ」
モーリー「おい、省吾やめろ」

656 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 16:50:16.32 ID:???.net
時祭イヴ
『♪あなたの瞳は冷たすぎるから 心が熱いかも
フッと笑った横顔
Love me do Love me do Love me do
都会を流れる真赤なライトに 素肌がざわめくの
Ah Ah 不思議ね

ときめいたらカーニバルね いつの日にも
突然降りだす雨のような愛

恋に落ちるセンチメンタル 始まるわ
昨日の涙に羽根が生えては Fly away 飛んでく
水平線センチメンタル 始まるわ
出逢った時には愛していたのよ
あの夜 星さえ流れる Oh! destiny

恋に落ちるセンチメンタル 始まるわ
シャガールみたいな空が輝けば Fly away 飛んでく
背中ごしにセンチメンタル 始まるわ
瞳に緑のパワーが走るの
あの夜 星さえ流れる Oh! destiny』

657 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 17:21:52.53 ID:???.net
慎二「おい、俺だよ」
省吾「慎二か。な、なんだ?でっけー。どこのだ?SUZUKIじゃないみたいだし、HONDAとも違うし」
慎二「YAMAHAでもKAWASAKIでもない。1万5千回転。時速320キロ。スピードはF1だよ。しかも、このつくりはスポーツマシンじゃない」
省吾「ホントかよ。こいつどっから持ってきたんだ?」
慎二「社の実験室から2日前。俺がテストライダーに選ばれた。お前なら分かるだろ?」
省吾「バハモードか」
慎二「バハムートだよ」
B.D.「中川君。ご同行願おうか。社の機密を外へ持ち出されては社の大事にかかわる。手を焼かせんでくれたまえ」
慎二「待て。うちの社には銃を持ったシークレットサービスはいない」
省吾「てめえら!」
B.D.の部下A「動くな!」
慎二「省吾!」
省吾「分かってるよ!」
B.D.「無駄なことはやめろ!怪我をするぞ!」
B.Dの部下達「うわあ!」
B.D.「しまった!」
省吾「慎二!」
B.D.「逃がすな!道路を閉鎖しろ!絶対この地区から出すな!ガキが…なめやがって」
省吾「あいつは一体…」
B.D.の部下B「う、ちきしょー」

658 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 17:56:29.46 ID:???.net
省吾「だから言ったろ!」
モーリー「分かったから落ち着けよ」
チョンボ(友田しげる)「返したほうがいいんじゃねえか?」
省吾「バカ言うなよ!捕まったら何されるか分かんねえだろ!」
モーリー「成り行きだからしょうがないけど、こんな目立つもんで逃げられないぜ」
チョンボ「捨てちまえよ」
省吾「慎二は殺されたんだぜ!売られた喧嘩だ。買ってやるよ」
ココ「そう熱くなるな。今さら慌ててみても仕方ないだろ。今日の朝刊かテレビで出るさ。失踪か、変死でね。お前も時間の問題さ」
モーリー「そう、相手が悪いよ。ほとぼりが冷めるまでトンズラしてたほうがいいぜ」
チョンボ「そうだよ。やつらこいつが欲しいんだろ?どっかに置いておけば見つけて持ってくさ」
省吾「俺に考えがある。手を貸してくれ」

659 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 18:13:10.90 ID:???.net
『ターゲットは矢作省吾。足取りは目黒区青葉台までは掴んだんですが…』
B.D.「今夜中に探しだせ。朝になるぞ。作業急げ!」
B.D.の部下「は」

660 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 18:26:34.79 ID:???.net
ココ「省吾、塗装終わったぞ。ツケにしとくからな」
省吾「おやっさん。どこにも載ってないよ。ニュースにも出てないし」
(trrrrrr…trrrrrrr…)
省吾「チョンボか。どうだった?え、真二は研修でアメリカ?3ヶ月間」

661 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/13(水) 18:30:10.05 ID:???.net
モーリー「やっべー」
B.D.「あいつをつけさせろ」
省吾「水道工事?俺の部屋に人が?そこまでして隠さなきゃならないものなら逆に人目に晒してやるよ。マスコミを使ってな」
モーリー「お、おう。イヴのオンリーユーに出る?わ、分かった」

662 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 16:23:26.60 ID:???.net
舞「〜♪」
由唯「う、うーん…ふぁあ…ちょっと静かにしてよ。こっちは夜が遅かったんだから」
智美「いい若いもんが何よ。昼まで寝てて」
由唯「べー」
智美「ねー、いけないお姉ちゃんね」
舞「きゃお」
由唯「この」
舞「ああ」

663 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 16:49:23.82 ID:???.net
智美「はーい、よく食べましたね」
(trrrrrr…trrrrrr…)
智美「ん?もしもし。はい」
由唯「ねえ、舞。今日の食事当番誰だっけ?」
舞「はーい」
由唯「ひさーん。また冷凍食品?」
智美「あれ?もしもし!省吾ちゃんじゃないの!そうよ、智美よ。舞もいるわ。うっそみたい。どうしたの?」
舞「省吾君なの!?」
由唯「省吾君…誰だっけ」
智美「うん、驚いたか?由唯とも知り合いなの?あなた。へえ、そう。どういう関係かしら?由唯とは。
分かったわ、ちょっと待って。由唯、省吾君。覚えてる?」
舞「省吾?」
智美「オートバイでどこか送ってもらったでしょう?」
由唯「ああ、あの」
智美「彼からよ」

664 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 17:04:29.09 ID:???.net
省吾「やあ、君のバイト先に電話して番号教えてもらったんだ」
由唯『ずいぶん暇なのね。智美や舞ともお知り合い?』
省吾「あ、ああ。こないだ新宿でちょっと。しかし偶然だねえ。驚いたよ」

由唯「それでなんのご用かしら?」
省吾『そうそう。これから面白いもの見せてやるよ。時祭イヴのオンリーユーってあるだろう?あれ見てくれよ。じゃあ』
由唯「もしもし?時祭イヴのオンリーユー?」
舞「いっけなーい。もう始まってるわ。見なくちゃ。え、リモコンリモコンっと。あーリモコン!」
智美「ビデオの上」
由唯「どうしてかな」
智美「でも焦ってたよ、彼。面白かったー」
由唯「あるのね、こういう偶然って」
舞「静かにして。始まったわよ」

665 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 17:23:44.79 ID:???.net
イヴ「という訳で、次はイヴのタウンスクープの時間です。あなたの失恋レポート。
猫が卵を産んだなんて、楽しいニュース何でもオーケー。
あなたの街のビジョンフォンでじゃんじゃん電話してくださいね。あ、さっそく掛かって来たわ。もしもし?」
省吾『(ゴクリ)』
イヴ「ふふ。あ、ごめんなさい。もう少しカメラから離れてくれる?」
省吾『い、いけね。バ、バハムートシックス』
イヴ「ババムーチョさん?」
省吾『ち、違うよ。バハムートシックスだよ』
《しばらくお待ちください》
由唯「あの子よ」
舞「うん、省吾ちゃんでしょ?」
智美「あがってたみたいね」
由唯・舞・智美「あははははは」
TV局員A「リクエストプログラムバンクT2R-B3。オンエアスタンバイオーケー」
TV局員B「3、2、1、キュー。よし、特捜隊に回せ」
イヴ『あ、変な子。切れちゃった。それじゃあ次の人は誰かな?』
由唯「あれ、変なの」
舞「どうしたのかな」
智美「ビビったのよ」

666 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 17:33:29.88 ID:???.net
B.D.の部下「少佐殿」
B.D.「よし。全車に告ぐ。ターゲットは青山6丁目2番のテレビフォン」

667 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 17:51:04.94 ID:???.net
省吾「本当なんだから、調べて欲しいんだ。今そのバイク見せるよ」
イヴ『分かったわ。お友達のこと調べてあげる。それともうひとつ言い忘れてたけど、受話器を置いても平気よ』
省吾「あ、そうなんだ。えへへへ。バイク後ろにあるから見てよ。見えるかな?映ってる?」
イヴ『映ってるわよ』
省吾「誰も見たことないはずさ。時速320キロ。ベンベとぶつかっても壊れなかったんだ」
イヴ『ベンベって?』
省吾「いかつい外車さ。普通ならバイクがぺったんこだぞ」
イヴ『へえ、そうなの。私バイクのことよく知らないけど、こんなに大きいバイク見たのはじめて』
省吾「頼みがあるんだ。このバイク、お宅の局で預かってくれないか?
専門家に確かめてもらいたいんだ。これが軍用兵器だってことをさ」

668 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 18:04:24.49 ID:???.net
省吾『おーい、みんな見てたか?テレビ局へ行ってきます。だあー!』
B.D.「ふざけた真似しやがって」
B.D.の部下「11時隊到着しました。ターゲット確認。スタンバイオーケー」
B.D.「逃がすな!」

669 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 18:13:46.84 ID:???.net
イヴ『今日の電話コーナーはこれでお終い。それじゃあ私の歌、背中ごしにセンチメンタル聞いてください』
智美「どうしたの?彼」
舞「あれっきり出なかったね。変なの」
智美「バハ何とか言ってたね」
舞「何が言いたかったのかな」
由唯「何でこんなのわざわざ私に見ろって言うのよ、あいつ。変なの」
智美「由唯が好きだとか、告白しようとしたのかな」
由唯「バカ言ってる」
舞「ねえねえ、この歌。3週連続トップなのよ」

670 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/14(木) 18:37:35.83 ID:???.net
B.Dの部下A「全車スタンバイオーケー。2号車より全車へ。ターゲットA‐33通り通過。次の交差点でアタックしろ」
乗用車の運転手「センターフォワード了解」
軽トラの運転手「クオーターバック了解」
乗用車の運転手「ターゲットがトライしてきました」
省吾「ふう」
トラックの運転手「どこ見てんだ、このウスノロ!」
バスの運転手「何だとこの野郎!てめえのほうから突っ込んできたんじゃねえか!」
トラックの運転手「やるか、この野郎!」
省吾「急いでんだよ!早くどけよ、下手くそ!」
通行人A「大丈夫ですか?怪我はありませんか」
省吾「ええ」
通行人B「よし、押さえろ!」
通行人A「ふざけた真似しやがって」
省吾「てめえら汚ねえぞ!」
通行人B「えーい、やかましい!おとなしくしろ!」
省吾「いてえよ!離せよ、バカヤロー!」
通行人達「やめろ、何すんだ!」
B.Dの部下B「申し訳ありません。タッチダウンされました。外苑通りを246号線に向かって逃走中」
B.D.「2時隊。ターゲットを3号高速に追い込め。インターにトランスポーターを用意しろ。矢作省吾か」

671 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 19:06:34.89 ID:???.net
バイク運転手A「ターゲット確認。ニューインターから高速へ追い詰めます」
省吾「奴らか。悪党みてえだ。けっ、みてろよ!」
B.D.の部下A「外苑東通り閉鎖しました」
B.D.の部下B「了解」
省吾「こいつら!
(一般車が一台も走ってない。なめやがって!)
頭に出られちまった。くそったれー!ちきしょー。缶詰かよ!」
バイクの運転手B「このまままっすぐです」
省吾「こうなったらヤケクソだ!だあー!」
バイク運転手B「うわあ!」
指揮官A「軍曹、伍長、トランスフォーメーション」
ハーガン部隊A「了解。1号車変形確認」
指揮官A「捕獲急げ!」
ハーガン部隊A「ターゲット確認」
バイク運転手B「や、やめろ!うわあ!」
省吾「あ、な、なんだ」
指揮官A「伍長、回り込んで捕獲しろ!」
ハーガン部隊B「了解」
省吾「やべー、え、嘘だろ?ロボットだ」
トラックの運転手「ぐわあー!」
(ドカーン!)
子供A「うわあ!ロボットだー!」
子供B「ママ怖いよー」
省吾「いってー。あれ?え、ホントかよ。だあー!」

672 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 19:19:19.10 ID:???.net
由唯「よっと…。ん、うーん」
(trrrrr…trrrrr…)
由唯「ん?もしもし?」

省吾「あ、君?俺だよ。矢作省吾。頼みがあるんだ。君のアパートのガレージを貸してくれないか?それもすぐに」
由唯『どういうことかしら?』
省吾「頼む。訳はあとで話すから。急いでるんだ!」

由唯「分かったわ。ニューヨーク風の。そう、今言った道を来て。私アパートの前に出てるから」
省吾『サンキュ』

673 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 19:28:08.96 ID:???.net
由唯「テレビ見たわよ。すぐ切られちゃって」
省吾「え、切られた?それどういうこと?」
由唯「こっちが聞きたいわよ。何だか訳のわからないこと言ったと思ったら、プッツンと。
しばらくお待ちくださいだって。それっきりよ」
省吾「(どういうことだ。俺はちゃんとイヴと話してたんだぞ)」
由唯「どうしたの?」
省吾「とにかく人目につくとやばいんだ」
由唯「ガレージはこの地下よ」
省吾「助かる」

674 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 19:42:08.62 ID:???.net
由唯「散らかってるわよ」
省吾「ふーん、良い部屋だね。家賃高いの?」
由唯「ひとりで借りればね」
省吾「そ、そうか。あの子たちと一緒に住んでるんだったね。焦ったよー」
由唯「そのようね。座ってて。お茶入れてくるわ」
省吾「うん。ん?」
由唯達が飼ってる猫「ニャー」

675 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 19:56:22.31 ID:???.net
由唯「智美と舞が何してるかもう知ってるんでしょう?」
省吾「うん、智美は、映画監督志望。今はスクリプターのバイトをしてる。舞は歌手志望。バイトでハードロックカフェで歌ってる」
由唯「私がバイトしてるのもそのハードロックカフェなの。暇だったら今度聞きに来たら?」
省吾「暇、暇って言うなよ。俺だってちゃんとバイトやってんだから」
由唯「ふうん」
省吾「マクドナルド。青山通りにあるだろ?」
由唯「ほんと?あそこ皆でよく行くのよ」
省吾「じゃあお互い時間がずれてるんだよ」
由唯「ふうん、そうか」
由唯達が飼ってる猫「ニャー」
由唯「よしよしよし」
省吾「君、恋人は?」
由唯「どうして?」
省吾「ただ聞いただけ。
ねえ、しばらくあのガレージ使わせてもらっていいだろ」
由唯「大丈夫だと思うわ」

676 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 20:15:49.03 ID:???.net
由唯「殺される?」
省吾「あのバイクは普通じゃない。テレビに出そうとしてよく分かったんだ」
由唯「それでテレビの扱いがおかしかったのね。そんな気持ちの悪いもの早く手放したら?」
省吾「もう遅いよ。やばいけど、スリルはある。それに、このままじゃ死んだダチが浮かばれないような気がしてな」
由唯「友達想いなのね」
省吾「そんなんじゃねえよ。スッキリしねえだけだ」
由唯「やばいけどスリルか。そうよね。何かに自分をぶつけてないと生きてる気がしないもんね」
省吾「理解あんだね」
由唯「まさか。ただ今が一番良い時代だって気がするだけ。いい気持ち」
省吾「セ××スより?」
由唯「やあ。あなた何型?」
省吾「みんな同じこと聞くんだな」
由唯「お見合い写真みたいなものよ」
省吾「B型」
由唯「へえ、私B型の人って嫌いじゃないわよ。特に、バカげたことをムキになってする人って」
省吾「俺のことかよ」
由唯「あははははは」
省吾「こいつ、待てコラ」
由唯「ほら、ムキになるー」

677 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 20:26:10.60 ID:???.net
由唯「あら。どうしたの?」
省吾「待ってたんだ。バイトは今日休みだろ?どっか行かない?」
由唯「悪いけど、私これからテレビ局に行くの。バイトの仕事が入ったのよ」
省吾「どうしても?」
由唯「ギャラは安いけどコネを作るチャンスじゃない。何でもやっておかなくちゃ。
私ね、笑われるかも知れないけど、ブロードウェーの舞台に立つのが夢なの」
省吾「いいねえ、素敵だ」
由唯「ねえ、良かったら」
省吾「テレビ局か。一度中を見てみたいな。一緒に行く」

678 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 21:16:44.09 ID:???.net
省吾「……」
監督「カーット!はいみんなお疲れさん」
由唯「ふふ」
省吾「ん?」
プロデューサー「ふふふ。(パチパチパチパチ)」
省吾「よう」
由唯「ごめん、今日付き合えなくなっちゃった」
省吾「え」
由唯「大切な用事なの。それじゃ」
省吾「ちょ、ちょっと」
由唯「ごめんね。すいません、着替えてきます」
プロデューサー「それじゃあ一時間後にセントラルホテルでね」
省吾「(あのやろー)」

679 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 21:22:34.42 ID:???.net
プロデューサー「由唯」
由唯「はい」
プロデューサー「君もシャワーを浴びて来たら?」
由唯「ええ、そうします」
省吾「(ホテルはこのパーキングの真正面。問題はどの部屋にいるかだ。もっと上か?)」

680 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 21:24:16.39 ID:???.net
由唯「…」
プロデューサー「こりゃ大胆だね、由唯」

681 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 21:36:50.27 ID:???.net
省吾「くそー、どこだ」
由唯「…」
プロデューサー「ふふふふ」
由唯「あっ」
省吾「……」
由唯『いやっ』
プロデューサー『いいじゃないか』
由唯『ダメ。強引です』
プロデューサー『次の主役は君なんだ』
省吾「見つけた!」
由唯「…あ!」
省吾が乗ったガーランド(ゴゴゴゴゴ…)
由唯「…!」
プロデューサー「!ああ…」
由唯「あああ…あ、あああ!」
プロデューサー「…っ」
通行人A「うわあ」
プロデューサー「あわわわ…あわわわ…」

682 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/16(土) 21:46:56.51 ID:???.net
由唯「コイツめっ」

由唯「あはははは。あはははは。驚いたわ。バイクがあんなものになるなんて嘘みたい。あはは、あはははは。でもあなたって正気」
(パァン!)
由唯「…何するのよ」
省吾「どういうことなんだよ。あんな奴と」
由唯「あなたに関係ないじゃない。何よ、冗談じゃないわ。こんなことされて、自分勝手な人!
何の権利があってひどいわよ!メチャクチャだわ!せっかく、せっかく主役がもらえそうだったのにもうお終いじゃない」
省吾「客のためにあんなやつと寝るのかよ!」
由唯「私と彼の関係でしょ!ほっといてよ!」
省吾「…」

683 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:00:03.88 ID:???.net
省吾「2350円です。10000円入りました。7650円のお返しです。ありがとうございました」
智美「省吾ちゃん」
省吾「よう」
智美「ちょっとお話があるんだけどな」

684 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:08:00.82 ID:???.net
省吾「映画!?」
智美「そう、あのバイク使ってさ。あれすごいんだって?」
省吾「由唯か」
智美「そう、聞いちゃったよ」
省吾「まずいな。あれやばいんだぜ」
智美「でも特撮使わなくて済むしかっこいいよ。そしてヒーローは君。ヒロインは由唯がいいな」
省吾「あいつ、オーケーしたのか?」
智美「うん」
省吾「考えてもいいよ」
智美「やったね」

685 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:10:55.15 ID:???.net
智美「悪いわね!今日はロケ地の下見だからさ、あっちこっち走ってね」
省吾「あんまり時間ないぜ」

686 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:16:28.32 ID:???.net
由唯「そっか、あいつオーケーしたのか」
舞「何を?」
由唯「あ、何でもないけどさ」
舞「こら隠すな。省吾のことでしょう」
由唯達が飼ってる猫「ニャー」
由唯「違うよ。やだもう」
舞「もう、白状しちゃいなさい」

687 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:22:45.03 ID:???.net
智美「白バイだ」
省吾「分かってる。さっきから付いてきやがる」
智美「…省吾、あっち!」
省吾「よーし!」
智美「行っちゃったみたいよ」
省吾「それにしてもこんな道がどうして」
智美「ああっ」
省吾「あ」
智美「いや、何よこれ!やだ、いつの間にかあがってるわ。もう白バイは行っちゃってるよね…?」

688 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:23:33.36 ID:???.net
智美「白バイだ」
省吾「分かってる。さっきから付いてきやがる」
智美「…省吾、あっち!」
省吾「よーし!」
智美「行っちゃったみたいよ」
省吾「それにしてもこんな道がどうして」
智美「ああっ」
省吾「あ」
智美「やだ、いつの間にかあがってるわ。もう白バイは行っちゃってるよね…何やってんのよ!。?」

689 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:37:09.49 ID:???.net
智美「天井にも街があるわ。それにしてもゴーストタウンね、ここは。あそこだけ明るいわ。人がいるみたい」
省吾「……」
B.D.『バハムートシックスは現在レベル7Gにアタックしています』
省吾「アイツの声だ」
B.D.『それと、あのバイクを奪った男はこのバハムートとの関係には気付いてないと思います』
???『この上バハムートが今の時代に精通している巨大なコンピュータだということを知られたら軍は壊滅的な打撃を受けるぞ』
省吾「バハムート?あれはコンピュータの名前だったのか」
B.D.『あのバイクがバハムートの端末になってるのを知ったとしても、暴走族の連中には理解できんでしょう』
智美「すっごーい!巨大コンピュータバハムート!」
省吾「君はここから戻れ。やばいぜ」
智美「うん、この辺カメラに収めちゃったし、引き上げたほうがいいね。あなたは?」
省吾「俺はもうちょい調べてから帰る。じゃあな。
なるほど、あれが天井へ行くエレベーターだな」

690 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 16:56:07.04 ID:???.net
省吾「(おお、こりゃすげー)うう、なんだこの寒さは。
そうか、どういう訳か重力が上と下に働いているんだな」
ハーガン隊A「STブロックにガーランド発見。ハーガン隊はA2ブロックへ」
省吾「いってー!こいつ、まともに動けよ!」
(ドカーン!)
省吾「前へ出たか!」
ハーガン隊B「早く出て来い!」
(ドカーン!)
ハーガン隊C「しまった!」
省吾「死んでたまるか!何だよこれはよ!」
B.D.「あのバカ。ここまで来るとはな」
(バンバンバンバンバンバン)
省吾「体勢を止めてやつを撃て。ガーランド」
(ドカーン!)
B.D.「何!?」
省吾「またワイヤーかよ。いい加減にしろよな!」
B.D.「待て、話したいことがある。そのまま下へあがれ」
省吾「銃を捨てろ。妙な真似はご法度だぜ。いいな?俺も聞きたいことがある」

691 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 17:00:10.26 ID:???.net
智美「はあ、はあ、はあ、はあ、はあ、はあ。いつ誰がつくったとも知れぬ地下都市。
それとも巨大なオープンセットか。アクション映画の舞台として、これ以上のロケ地はないわ。ふふ。わお!ふふ」

692 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 17:19:30.33 ID:???.net
省吾「話ってのはこいつか」
B.D.「どうして俺を
省吾「前から知ってたのか。俺たちが住んでいるところが、宇宙船の中だってことを」
B.D.「知っていたよ。軍だけはずっと以前からな」
省吾「何!?」
B.D.「正確に言えば、軍が隠してきたのではない。バハムートが知らせぬようにしてきたのだ」
省吾「ハバム―ト?あれは一体なんだ!」
B.D.「我々は、バハムートという化け物のようなコンピュータにずっと支配され続けてきた。
宇宙船の中に住んでいることを感づかれぬように、バハムートは巧みに情報操作をしてきた。
つまり、一部の者を除いてはは何も知らずに平和を貪り、20世紀の幻影の中に生きてきた。いや、生かされてきたのだ!」
省吾「幻影?それじゃ全てはコンピュータがつくった嘘の世界だってのか!」
B.D.「実際の時間はそれより5世紀は経っている」
省吾「5世紀だって?ちょっと待てよ。突飛すぎるんだよ。おい、誰が動いていいと言った」
B.D.「いいものを見せてやる。ついてこい」
省吾「止まれってんだよ!」
B.D.「心配するな」

693 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 17:44:15.11 ID:???.net
B.D.「外部の侵入に対する我が軍の前線基地だ」
省吾「何!?」
B.D.「確実に接近しつつある巨大な人工物体を、レーダーがキャッチしている。これで分かったろ?偽りの平和はここまでだ」
省吾「参ったね」
B.D.「これが現実だ」
省吾「相手が敵だって証拠は?」
B.D.「鉄の溶けた荒野を見ろ。今我々が敵の侵略の危機に晒されているという現実だ。
そのために我々は、軍備の増強をはかり、兵器の開発を急いだ。バハムートの支配が及ばぬ地下でな。
その一方で、やつの支配から逃れようと命令を解除するキーを探し、バハムートにアプローチを続けてきた。
その結果、レベルシックスまでクリアした。残るはレベル7のみ。
しかしその時に、密かに開発したガーランドバイクが盗み出され、表に出てしまった。お前が乗り回しているそれだ。
レベル7が解除できるまでは、絶対に表面化してはならなかったんだ」
省吾「そういうことか。バハムートがお前たちの手に落ちた途端、全ては思うまま。
戦争がはじまっても、地上にいる人間は、そのときまで何も気づかないって訳だ!」
B.D.「それまではせいぜいやつを利用させてもらう。私の部下として働くなら生かしてやる。でなければ、殺す」
省吾「おもしれえ。やってもらおうじゃねえか!」

694 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 17:53:32.36 ID:???.net
由唯「なんだ智美?」
智美『ガッカリするくらいなら自分から彼に電話しなさいよ』
由唯「要件は何?」
智美『この前私映画つくるって言ったでしょ。あれ本気よ』
由唯「それで?」
智美『主役はやっぱり彼にやってもらうわ。いいでしょ』
由唯「監督はあなた。どうぞご勝手に」
智美『じゃあオッケーね。今夜その打ち合わせやりたいの。由唯から彼に電話しといて』
由唯「私が?」

695 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 18:15:46.95 ID:???.net
智美「まあ、だいたいこうね」
由唯達が飼ってる猫「ニャー」
智美「バイク好きの若者と、その恋人の二人がある日、自分達の世界が全てコンピュータでつくられていたってことを知ってしまうわけ。
でね、こっからが見せ場よ。その二人は何者かに命を狙われて、
国民の知らないところで軍事国家をつくろうとしている組織を叩きのめす、ってな感じ。どう?」
由唯「ふうん…」
智美「まあ、自主制作の映画だからノーギャラだけど、乗ってくれるでしょう?」
省吾「…」
由唯「私はオッケーよ」
智美「お主はどうかな?主役にピッタシなんだけどなあ」
由唯「私が相手役だから不満なんでしょう?電話した時だってそうじゃない。
お店を辞めた訳を聞いたって、別に。その一言。電話なんかするんじゃなかった」
省吾「こっちから掛けようと思ってたよ」
由唯「!」
省吾「相手が由唯だからどうのこうのじゃねえよ。ただ、気が重いんだ」
智美「…」

696 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/17(日) 18:39:12.12 ID:???.net
舞「やったやったー」
智美「おかえり」
由唯達が飼ってる猫「ニャア」
舞「わあ、もう感激だわ!」
智美「どうしたの?舞」
舞「じゃんじゃじゃーん!聞いて驚くな。な、なんと私、あの人気歌手、時祭イヴのバックコーラスをやるのでーす!」
智美「ほんとー?」
由唯「すごいじゃない!」
舞「スカウトされたの」
智美「やったね。ひのき舞台に出るチャンスじゃん」
舞「やったね!」
由唯「舞は彼女の大ファンだし最高だね!」
舞「サンキュー」
省吾「それじゃ」
舞「やだ、気付かなかった」
智美「帰っちゃうの?」
舞「ねえねえ、奢っちゃうからさ。みんなでパーッと騒ごうよ!」
智美「ゆっくりしてったら?映画のこともっと話したいし」
省吾「映画のストーリー、こうしたほうがいい」
智美「え」
省吾「俺たちの知らないところで時代を支配しているものがあった。
実は、そのコンピュータは時代を支配をすると同時に、宇宙船をもコントロールしていた」
智美「宇宙船を?」
舞「何の話してんの」
省吾「つまり、俺たちはどでかい宇宙船の中に住んでいて、外は宇宙だってこと」
智美「ふうん、SFか」
省吾「ちょっとした思いつき。面白いだろ」
由唯「…」

697 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/18(月) 16:32:37.24 ID:???.net
B.D.の上司A「こんなありあわせの兵器じゃ話にならん。エアプレーンFXの開発はどうなってる」
B.D.の上司B「進めております。ただ、地上で表立って出来ない分だけ、どうしても時間的なロスが」
B.D.の上司A「またバハムートか」
B.D「現在レベル7を70%解放。あとは時間の問題です」
B.D.の上司A「方位2419に物体が接近している。猶予は出来んぞ」
B.D.「分かっております」
B.D.の上司B「すぐ急がせろ」

698 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/18(月) 16:40:00.93 ID:???.net
B.D.「体裁並べやがって。いざとなったら、あいつらがどんな行動をとるか察しがつく」
B.D.の同僚「私の部下も同じ気持ちですよ。今の、保身ばかり考える上層部を誰も信用していませんよ」
B.D.「俺たちの時代が来る。来なければつくるまでだ」

699 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/18(月) 17:04:46.65 ID:???.net
由唯「いいわ、もう何も聞かない。お店を辞めた訳も」
省吾「話したいさ。でも今は」
由唯「だからもういって」
智美「いいぞ、そのまま。決まってるー」
省吾「その話、本当か!?」
由唯「舞がそう言ってたわよ!」
省吾「そんなバカな!イヴのイベントに本人が顔出さないなんて話あるかよ!」
由唯「舞がっかりしてたわ!」
省吾「二人の絡みのシーンはどうなるんだ!?」
由唯「後から彼女一人のフィルムと合成するんですって。でも変よね」
省吾「何が!?」
由唯「イヴってコンサート一度も開いたことないでしょう?見るのはテレビだけよ」
省吾「…」

700 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2017/09/18(月) 17:37:10.56 ID:???.net
省吾「…」

時祭イヴ
『♪夢見てるのは 唇
ためらう心は 指先
風を追いかけて
愛をつかまえて
蒼いこの街が くずれてしまう前に
ビルの窓 映るsraaaaaaaa…』

エンジニアA「おい、ストップだ。録画中止。指示が来てるよ。3秒7Fワインドだ」
エンジニアB「ああ、分かった」
省吾「…!こ、こいつは」
エンジニアB「まったく大したコンピュータだよ」
エンジニアA「曲も歌詞も同時に考え出してるんだぜ」
エンジニアB「それで振り付けを間違えて、やり直しか」
エンジニアA・B「あははは」
エンジニアA「この新曲もきっと流行るぜ、これは。あははは」

『♪ビルの窓 映る空』

省吾「……」

515 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★