2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

●●●●●● 電磁波 ●●●●●●

384 :波長や偏向で変わる電磁波の生体影響:2019/01/09(水) 01:09:47.80 ID:MxgjAG/df
>>383 つづき

・一酸化窒素は、ヒスタミン(※1)を生成している皮膚肥満細胞に関与しています。

 ※1 ヒスタミン−肥満細胞で生成され、生体組織に広く分布している活性アミン。通常は肥満細胞内でヘパリンと結合して不活性状態にあるが、外傷や熱傷などの
     物理的侵襲や、薬物などの化学的侵襲によって活性型になって遊離する。抗原抗体反応によるアレルギーやアナフィラキシー症状にも関係している。薬理作用
     としては、平滑筋 (特に気管支,腸管) 収縮、細動脈の拡張による急激な血圧降下 (ヒスタミンショック) 、炎症時の発赤、毛細血管透過性亢進による浮腫の
     発生 (じんま疹様症状) 、分泌腺 (特に胃腺) の機能亢進などがある。

200 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★