2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

●●●●●● 電磁波 ●●●●●●

386 :波長や偏向で変わる電磁波の生体影響:2019/01/25(金) 21:06:56.44 ID:6a31KdwGj
>>385 つづき

・セロトニンはメラトニンの前駆物質であり、電磁界の可視光帯域によるそれと同様のマイクロ波帯域の電磁界への曝露によって抑制されること(Cherry, 2000)
   が再び注目されました;そして、もちろんメラトニンは、天然の睡眠周期の制御物質であり、同時に遊離基(不対電子をもつ原子や分子、あるいはイオンの総称)
  捕捉物質でもあります(NO自体とその生成物は遊離基であり、そして電磁界が遊離基の生命を拡張することも示されました(Toshikawa, 2000))。

 ・iNOS(誘導型一酸化窒素合成酵素 )の過剰生産は、過大な過酸化亜硝酸の結果をもたらし、それは非常に酸化的です。これが過酸化物も生産するため、エネルギ
  ー生産(ATP)が停止され、体はその前駆物質である過酸化物を制限することで反応するように見えます。
   これが疲労をもたらします(Pall, 2003)。

200 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★