2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

集団ストーカー・電磁波犯罪被害

368 :生物学的指標と検査が無い精神医療と電磁波犯罪:2019/04/04(木) 00:31:44.70 ID:j4/z6MXgm
>>367 つづき

 同じ偏光と周波数のコヒーレントな偏光電磁界/電磁波だけが、永続的な干渉効果(最大そして最小強度の周辺部)を生み出せます。偏光が固定されたとき(例えば垂
直配向アンテナ)、供給源のあいだのコヒーレント性そしてまたは周波数には違いがあり、干渉効果は固定された場所に止まらず、経時変化は場所の変更で一時的なピー
クを作ります。二つまたは、より多くの異なる供給源からの自然光は、−順に−コヒーレントな第二の供給源−2つが同じになり(18,23)、単一の供給源からの光がふた
つの同一のスリット(隙間)を通過するというヤング実験(Young's nterference experiment,複スリットを用いた、光の干渉性を示す実験)の特定の状況下を除いて、
干渉効果を生じません。

237 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★