2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その14

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/19(金) 23:25:51.14 .net
その後、二人連れ立って近くの喫茶店に入って適当に食べつつ、色んな話をした
嫁さんの国籍や、フルネームを聞いたり……
歳は意外な事に嫁の方が年上だった(とは言っても二歳ほどだったけれど)
「わたしお姉さんですか」って嬉しそうだった

そして話が進むにつれて、何故日本に来たのかという話題になった時、俺は驚愕の事実を知った
なんと嫁さん、国の内戦でご両親を亡くしてたんだ
父方の家族もいなくて……お母さんのお姉さん、つまり伯母さんが日本に渡って結婚していたから頼れないかと日本に来た
所が、いざ来てみればその伯母は離婚していて日本にいなかった……
どうしようかと思っていたら、伯母さんの別れた旦那さんが見かねてオーナーをやってるアパートに住まわせてくれ、今に至るのだと

「日本語は、オーナーの奥さん(再婚した)におしえてもらいました。まだへたっぴですけど」と笑う嫁さん
俺は社会専攻だったから、外見や名前を聞いたときに何となくどの辺りの出身かは予想ついてたけど、まさか戦争に巻き込まれて天涯孤独の身とは……
それにしても、何で知り合ったばかりの俺にそんな事を話してくれたのか
思い切って聞いてみたら

嫁「あなたなら良いかなと思いました」
俺「どうしてです?」
嫁「よくわかりません、あはは」

結局、その喫茶店に五時間近くも居座ってしまったのでその後は何処に行くでもなく近くを散歩して夕方になって別れた。
別れ際に「何かあったら何時でも連絡下さい。力になります」と言って、自分の名刺を渡した。
もう既に連絡先は交換してあったけども

嫁「わぁ……きょう、mailしてもいいですか?」
俺「勿論です。是非してください」
嫁「よっしゃ!」

それから、ほぼ毎日メールするようになったとさ

総レス数 1013
330 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★